2005年09月20日

サブスクライバID(EZ番号)の問題点

「サブスクライバID(EZ番号)が登録されました。指定の口座に3万円振込んでください。」
とあったのですが、恐くて不安です。

「大丈夫です。サブスクライバIDは何の情報も入っていません。」

掲示板にこのような質問をしている人がどれだけ不安になっているか分かるでしょうか?
そして、この質問に対して回答をしている人の無知さが分かるでしょうか?

質問者が、もしかするとCメール(携帯番号だけで送信できるメール)で届いたメールのサイトにアクセスした可能性を考えるべきでは無いだろうか?もしそうだとしたら、電話番号とサブスクライバID(EZ番号)がリンクされている可能性が100%考えられる。又はメールアドレスとサブスクライバID(EZ番号)がリンクされている可能性がある。その後、このサブスクライバID(EZ番号)が闇金融や詐欺グループにまわりまわって、さらに重要な他の情報とリンクされてしまったらどうなるのだろうか?

例えば、この質問者に「粗品差し上げます。アンケートに答えて下さい」というメールが届けば、その中の一人が疑いなく自分の住所や自宅電話番号、名前、年齢、家族構成を書いてしまい、実はこれが詐欺グループの手法であれば、もう既にかなり重度の個人情報となっているといえる。

答えるべき側もしっかりとした情報を持たなければ、質問者へ間違った情報を流すこともあるし、回答をしている本人が悪質な詐欺に引っかかることもある。ここで公開したことは対応策です。自分の情報は自分で守ることが可能です。誰も自分の事を守ってくれません。
情報を出さないこと、これがトラブルを発生させない唯一簡単に出来る自分の役割です。

私はサブスクライバID(EZ番号)やFOMAカード製造番号の送信を完全否定論者である。
なぜならその情報を利用する相手が悪者であれば危険だから

http://click-ya.com/
クリック屋@2ch
posted by クリック屋 at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7120312

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。